燃費.bizTOP > 燃費運転 > そもそも燃費とは
そもそも燃費とは

そもそも一言で燃費を表現しますと、車が1リットル当たりの燃料で、何キロ走行することが出来るのかを表します。

単位に表すと、日本ではkm/Lと用いられるのが一般的です。
ちなみに外国では、逆に100km走るのに何リットルの燃料を使用したのかという単位(L/100km)を用いられる方法が多く見受けられます。

燃費を計測するには、満タン法という方式を用いるのが一般的です。

満タン法とは、ガソリンスタンドで燃料を満タンにして、トリップメーター(距離メーター)を0kmに合わせた状態から走行を始めて、次回満タンに給油するまでに走行した距離を、給油時に入った燃料の量で割って求めます。


満タン法で燃費を求める数式は次の様になります。

走行した距離÷使用した燃料の量=燃費(燃量消費率)km/L

この時の燃費の数値は大きい方が、より少ない燃料で長い距離を走行できるということになります。

最近では燃費計が、標準で装備されている車種も増えています。 燃費計にはリアルタイムに平均燃費などが表示されますので、燃費の状態を常に意識しながら走行出来るようになり、省エネ運転にも一役買っているようです。

メインページへ<<|>>燃料をいちばん消費するポイントを知ろう

スペース

ガソリン価格高騰対策

■燃費(愛車)の悩み110番 燃費(愛車)の悩み110番 只今、接点を改善して燃費UPするマニュアルを無料配布中です。



燃費数値を見ながら運転して燃費を良くしましょう。
無料レポート
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!

画像をクリックしてフェイスブックの「いいね!」を押して頂ければ、燃費を良くする16ポイントのマニュアルが無料でダウンロードできます。

Google
車の知識に役立つメルマガ
チャレンジ25キャンペーン

My Yahoo!に追加
Copyright(C) 2006 Bridgecompany.Inc All Right Reserved
Powered by Movable Type 3.2-ja-2