燃費.bizTOP > 燃費運転 > 荷物を考える
荷物を考える
エアコンと同様に、人数が多く乗ったり、荷物を積載した場合にはエンジンに負担がかかります。

重量物を載せると、タイヤにかかる荷重が増しますので、ころがり抵抗が増えるわけです。

これだけで、十分燃費悪化は考えられます。

実用的に人数が乗ったり、荷物を積載するのは仕方がありませんが、大方必要も無い荷物がトランクルームや荷室に積んである場合は意外と多いです。

 心当たりがある方は、今すぐ必要の無い荷物は降ろしましょう。

 きっと車が軽く走ることに気付くはずです。

体感に感じることができた人は、おそらくそれだけで燃費向上につながるでしょう。
また細かい話しかもしれませんが、ガソリンも満タン入れるよりは、半タンくらいをマメに入れたほうが、重量的にもタイヤにかかる負荷を減らします。


ただし、毎日満タンにするくらい距離を走る人には、ガソリンスタンドに立ち寄る 手間や、立ち寄るときに使うガソリン代を考えると一概には言えませんが。

停止<<|>>車の健康チェックは燃費のバロメータ

スペース

ガソリン価格高騰対策

■燃費(愛車)の悩み110番 燃費(愛車)の悩み110番 只今、接点を改善して燃費UPするマニュアルを無料配布中です。



燃費数値を見ながら運転して燃費を良くしましょう。
無料レポート
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!

画像をクリックしてフェイスブックの「いいね!」を押して頂ければ、燃費を良くする16ポイントのマニュアルが無料でダウンロードできます。

Google
車の知識に役立つメルマガ
チャレンジ25キャンペーン

My Yahoo!に追加
Copyright(C) 2006 Bridgecompany.Inc All Right Reserved
Powered by Movable Type 3.2-ja-2