燃費.bizTOP > メンテナンス > スパークプラグ
スパークプラグ
スパークプラグはエンジンの燃焼室に火花を飛ばし、燃焼を起こさせる重要な役割を担っています。

このスパークプラグが磨耗などで劣化してくると、火花が弱くなりエンジンの燃焼は正常に行えなくなるため、パワーダウン、燃費悪化、エンジン不調の大きな要因になります。

ノーマル電極を使ったスパークプラグの寿命は、普通乗用車で2万〜3万キロ、軽自動車では1万キロ位と言われていますが、意外に寿命は早く来ます。

急に燃費が悪化してきたり加速が悪くなってきたら、交換時期の目安と考える方が良いでしょう。

交換した記憶が無い人は、すぐにディーラーさんなどにチェックしてもらいましょう。

最近多く見かけるようになってきた、電極に白金やイリジウムを使用したプラグでは10万キロ交換不要を実現していますので、交換の際には白金プラグに交換されることをお勧めします。
デンソーのイリジウムプラグタフなどがお勧めです)

エンジンオイル<<|>>エアエレメント

スペース

ガソリン価格高騰対策

■燃費(愛車)の悩み110番 燃費(愛車)の悩み110番 只今、接点を改善して燃費UPするマニュアルを無料配布中です。



燃費数値を見ながら運転して燃費を良くしましょう。
無料レポート
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!

画像をクリックしてフェイスブックの「いいね!」を押して頂ければ、燃費を良くする16ポイントのマニュアルが無料でダウンロードできます。

Google
車の知識に役立つメルマガ
チャレンジ25キャンペーン

My Yahoo!に追加
Copyright(C) 2006 Bridgecompany.Inc All Right Reserved
Powered by Movable Type 3.2-ja-2