燃費.bizTOP > メンテナンス > エアエレメント
エアエレメント
エアエレメントは、エンジンの燃焼室に送る空気の不純物をろ過する役目を持っています。

空気に不純物が混ざっていると燃焼を妨げる要因になりますので、フレッシュな空気を燃焼室に送る役目としてとても重要な役割を担っています。

しかし、エアエレメントは使用する度に汚れがどんどん付着していきます。

そして長い期間使用すると、付着した汚れがエアエレメントの目を塞ぎ、今度は空気の通りを悪くしてしまいます。

空気の通りが悪くなると、燃焼室に十分な空気が送られなくなり、エンジンのパワーが落ちてしまいます。

エンジンのパワーが落ちると、どうしてもアクセルを踏み込みがちになり、燃費が悪くなる傾向になります。

ですから常に快適に走れるよう交換時期が来たら速やかに新品と交換しましょう。

通常エアエレメントは、2〜3万キロ程で交換時期になります。
※走る環境によっては、早く汚れる可能性がありますので、1万キロを超えたあたりから汚れ具合をチェックすることをお勧めします。



またエアエレメントは、乾燥した乾式タイプとオイルを染み込ませた湿式タイプがあり、メーカー指定でどちらを使うか決まっていますので、整備手帳などを参考に間違えないように交換してください。



分からない場合はディーラーさんなどに相談されてから交換して下さい。

スパークプラグ<<|>>タイヤ

スペース

ガソリン価格高騰対策

■燃費(愛車)の悩み110番 燃費(愛車)の悩み110番 只今、接点を改善して燃費UPするマニュアルを無料配布中です。



燃費数値を見ながら運転して燃費を良くしましょう。
無料レポート
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!

画像をクリックしてフェイスブックの「いいね!」を押して頂ければ、燃費を良くする16ポイントのマニュアルが無料でダウンロードできます。

Google
車の知識に役立つメルマガ
チャレンジ25キャンペーン

My Yahoo!に追加
Copyright(C) 2006 Bridgecompany.Inc All Right Reserved
Powered by Movable Type 3.2-ja-2