燃費.bizTOP > エンジョイエコドライブ > 圧縮力と摩擦軽減の両立
圧縮力と摩擦軽減の両立
エンジンの燃焼力は、そのエンジンの持つ圧縮力が低下すると弱くなります。

燃焼室の圧縮力を維持するのに大きな役割をしているのが、エンジンオイルです。

前項のエンジンオイルでも触れましたが、エンジンオイルの役割は、減摩作用・冷却作用・密封作用・清浄作用があります。

ここで燃焼力に大きく関わってくるのが密封作用です。

エンジンオイルのネバネバは、ピストンとシリンダーの気密性を高めてくれるのです。

では、エンジンオイルはよりネバネバした方が良いかというと、あまりネバネバして硬いオイル(粘度の高いオイル)を使うと、他の金属部分の摩擦抵抗が大きくなり減摩作用を低下させてしまいます。 
(スベリが悪くなり燃費にも影響します)

逆に、スベリを良くしようと粘度の低いオイルを使うと、圧縮力が下がり気味になりトルク感が減りますので、かえってアクセルを踏んでしまうことにもなりかねません。

圧縮力と摩擦軽減という相反する課題がクリアできれば、車はもっと良く走り、燃費も良くなるはずです。

※これらのことは多くの車で考えられますが、全ての車に当てはまるとは限りません。

こちらのサイトでは、納豆のようにネバネバなのに、よくスベルヌルヌルのオイルを紹介しています。  → 「オイール」エンジンオイルの下克上!

次の動画は、燃費が良くなる車用の無添加エンジンオイル「オイール」の説明と実験動画です。

車の電気はマイナス側が弱点<<|>>エコドライブからエンジョイエコドライブへ

スペース

ガソリン価格高騰対策

■燃費(愛車)の悩み110番 燃費(愛車)の悩み110番 只今、接点を改善して燃費UPするマニュアルを無料配布中です。



燃費数値を見ながら運転して燃費を良くしましょう。
無料レポート
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!

画像をクリックしてフェイスブックの「いいね!」を押して頂ければ、燃費を良くする16ポイントのマニュアルが無料でダウンロードできます。

Google
車の知識に役立つメルマガ
チャレンジ25キャンペーン

My Yahoo!に追加
Copyright(C) 2006 Bridgecompany.Inc All Right Reserved
Powered by Movable Type 3.2-ja-2