燃費.bizTOP > 地球温暖化 > 温室効果ガス
温室効果ガス
■温室効果ガス

私たちの住む地球の表面は大気で覆われています。

大気は主に、窒素や酸素、二酸化炭素などの気体が集まったものです。

大気の中には温室効果ガスと呼ばれる気体があります。

温室効果ガスには、主に次の気体があります。

●二酸化炭素
(大気中に0.03%程のバランスで存在し、地球の気温が保たれています)

●メタンガス
(家畜の糞などから発生。二酸化炭素の21倍の温室効果があります)

●一酸化ニ窒素
(全身麻酔剤などに使用。二酸化炭素の310倍の温室効果があります)

●フロンガス
(人間が作り出した化学物質で、二酸化炭素の数百〜数万倍の温室効果があります)



▼温室効果ガスの役割 太陽のエネルギーで暖められた地表の熱は、赤外線として宇宙に放出されるのですが、温室効果ガスには赤外線を吸収して地表に再放射する性質があります。



この性質によって地球は気温を平均15℃に保つことが出来るのです。

もし地球に温室効果ガスがなかったら、生き物が住むことの出来ない−18℃の氷の世界になってしまいます。

逆に温室効果ガスの濃度が増えてしまうと、大気はどんどん暖められ地球の気温も上昇してしまいます。




これが温暖化現象です。





>>京都議定書

スペース

ガソリン価格高騰対策

■燃費(愛車)の悩み110番 燃費(愛車)の悩み110番 只今、接点を改善して燃費UPするマニュアルを無料配布中です。



燃費数値を見ながら運転して燃費を良くしましょう。
無料レポート
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!

画像をクリックしてフェイスブックの「いいね!」を押して頂ければ、燃費を良くする16ポイントのマニュアルが無料でダウンロードできます。

Google
車の知識に役立つメルマガ
チャレンジ25キャンペーン

My Yahoo!に追加
Copyright(C) 2006 Bridgecompany.Inc All Right Reserved
Powered by Movable Type 3.2-ja-2