燃費.bizTOP > 地球温暖化 > 京都議定書
京都議定書

■京都議定書

1997年12月

地球温暖化防止に向けて、取組目標や国際的な枠組みを決めるため、日本の京都に各国代表が集まり地球温暖化防止会議が開かれました。

先進国全体の温室効果ガスの排出量を、2008年から2012年の間に1990年よりも5.2%削減するように、先進国各国についての数値目標(日本6%、アメリカ7%、EU8%、全体では5.2%)が盛り込まれた「京都議定書」が採択されました。

京都議定書には、日本やEUなど125カ国が批准しましたが、ブッシュ米政権は2001年これを離脱。

京都議定書が発効するためには、批准した先進国のCO2の排出量が1990年時点の55%以上なければならないため、発効ができない状態が続いていた。

しかし、ロシアのプーチン大統領が2004年11月に京都議定書の批准案に署名し、ロシアが批准したことによって、米国抜きでもCO2の排出量が61%を超えることになったため、2005年2月116日、京都議定書が発効した。


京都議定書についての関連リンク

環境省 →  http://www.env.go.jp/

環境goo → http://eco.goo.ne.jp/

全国地球温暖化防止活動推進センター
     → http://www.jccca.org/

スペース

ガソリン価格高騰対策

■燃費(愛車)の悩み110番 燃費(愛車)の悩み110番 只今、接点を改善して燃費UPするマニュアルを無料配布中です。



燃費数値を見ながら運転して燃費を良くしましょう。
無料レポート
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!

画像をクリックしてフェイスブックの「いいね!」を押して頂ければ、燃費を良くする16ポイントのマニュアルが無料でダウンロードできます。

Google
車の知識に役立つメルマガ
チャレンジ25キャンペーン

My Yahoo!に追加
Copyright(C) 2006 Bridgecompany.Inc All Right Reserved
Powered by Movable Type 3.2-ja-2