燃費.bizTOP > 燃費運転 > 暖機運転
暖機運転
暖機運転は、ただ単にエンジンを暖めることだと思いがちですが、燃費にも関連してきますので、最初に触れておきたいと思います。

エンジンの水温が適温(70〜80℃)に達するまでは、熱効率が悪いため燃料は燃え難い状態にあります。

ですから、エンジン水温がある程度暖まるまで暖機運転を行い、燃料が燃えやすい温度になるまで待ってから走り始めた方が、エンジンにも優しく燃料を効率よく使うことが出来ます。

しかし暖機運転中は、車は動いておりませんので、燃料を消費しているだけの状態になります。

おまけに、ある程度水温が上昇するまでは、オートチョークが作動して濃い混合気を燃やしますので、燃料は垂れ流し状態になってしまいます。

ここに効率良く暖機運転を終わらせる方法をご紹介します。

最近の車のエンジンは本当に良く出来ています。

エンジンオイルがエンジン各部に行き渡れば、問題なく走行することができます。

つまりエンジンオイルがエンジン各部に回った後は、走行しながら暖機運転を終わらせることが出来るのです。

エンジンオイルは約30秒程でエンジン各部に行き渡りますので、エンジンを掛けて30秒程経過したら優しくアクセルを踏んで走行を始めて下さい。

この時、早くエンジンを暖めようとアクセルを踏み込んで走ると、暖まる時間は早くなるものの、エンジンはまだ冷えて熱効率が悪い状態ですので、かえって燃料を多く消費してしまいます。

また、同時にエンジンにも負担が掛かりますので、注意して下さい。



以上のように、暖機運転を効率よく終わらせる方法は、燃費節約につながります。
※ただしヴィンテージカーなどの、年式の経つ車などではしっかり暖機運転を行ってから走行してください。

エンジンのエネルギーを上手に活用して燃料の消費を少なくしましょう<<|>>発進・加速

スペース

ガソリン価格高騰対策

■燃費(愛車)の悩み110番 燃費(愛車)の悩み110番 只今、接点を改善して燃費UPするマニュアルを無料配布中です。



燃費数値を見ながら運転して燃費を良くしましょう。
無料レポート
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!

画像をクリックしてフェイスブックの「いいね!」を押して頂ければ、燃費を良くする16ポイントのマニュアルが無料でダウンロードできます。

Google
車の知識に役立つメルマガ
チャレンジ25キャンペーン

My Yahoo!に追加
Copyright(C) 2006 Bridgecompany.Inc All Right Reserved
Powered by Movable Type 3.2-ja-2