燃費.bizTOP > 燃費運転 > 上り坂と下り坂
上り坂と下り坂

上り坂も下り坂も、車の走行にはどちらも大きな負荷(重力)が掛かります。

上り坂では、重力に引っ張られてどんどん速度が落ちていきます。

逆に下り坂では、重力に引っ張られてどんどん速度は上がっていきます。

この影響を少なくするためには、走り方でカバーをしましょう。

それには、


この2つを上手に組み合わせて使うことで、上り坂を効率よく上ることが出来ます。

緩やかな坂なら惰力がついた状態でそのまま上っていくでしょう。

しかし少し急な上り坂になると、惰力をつけても重力に引っ張られて速度が落ち始めます。

勾配と速度に合わせてギアを選んでいますので、速度を落とさずに1速低いギアの トルクバンド(エンジンのトルクを有効に使える回転範囲)をうまく利用して上り切ることが出来ます。

逆に、ギアがそのままの状態だとトルクバンドから外れてしまい、車は失速して速度が落ちてしまいます。

速度が落ちたということは、より大きな力で加速させなければいけませんので、さらに低いギアにシフトダウン(オートマの場合キックダウン)して回転数を上げなければいけません。

この時は、間違いなくアクセルはベタ踏みになってしまいますので、燃料の大量消費は避けられませんね。

次に下り坂ですが、上りとは逆にどんどん速度は上がっていきます。

坂の勾配にもよりますが、当然勾配に合わせてギアをシフトダウンして下っていきます。

オートマチックの場合は、オーバードライブのスイッチをOFFにするか、2速までシフトダウンして下っていきます。


最近の車はエンジンブレーキが掛かると、コンピューターが燃料をカットしてくれる車種もありますので、しっかりエンジンブレーキを使って下ることで、燃料の消費を抑えることにつながるのです。

またエンジンブレーキを使わずに、オートマチックのD(ドライブ)レンジのまま、フットブレーキだけを使って下っていくと、速度が上がり過ぎて大変危険です。

またフットブレーキを頻繁に使うことで、ブレーキディスクが焼けて高温になり、その温度でブレーキホースに気泡が溜まり、ブレーキを踏んでも効かないなんてことになりかねませんので、エンジンブレーキはしっかり活用して下りましょう。

アクセルは極力一定がベスト(巡航走行)<<|>>遠くの状況を常に注視(減速)

スペース

ガソリン価格高騰対策

■燃費(愛車)の悩み110番 燃費(愛車)の悩み110番 只今、接点を改善して燃費UPするマニュアルを無料配布中です。



燃費数値を見ながら運転して燃費を良くしましょう。
無料レポート
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!

画像をクリックしてフェイスブックの「いいね!」を押して頂ければ、燃費を良くする16ポイントのマニュアルが無料でダウンロードできます。

Google
車の知識に役立つメルマガ
チャレンジ25キャンペーン

My Yahoo!に追加
Copyright(C) 2006 Bridgecompany.Inc All Right Reserved
Powered by Movable Type 3.2-ja-2