燃費.bizTOP > 車の知識:エンジン基礎編 > エアクリーナ(エアクリ)とは?
エアクリーナ(エアクリ)とは?

エアクリーナ(エアクリ)とは?

人間には呼吸時にゴミを吸入すると困るので、鼻毛が付いています。

もちろん車にも鼻毛の役割をする部品が付いています。

インレットマニホールド(人間で言う気管)の入り口に設置されている、いわゆる鼻毛の役割をしているのが『エアクリーナ』です。

エアクリーナボックス

この写真は私の車なのですが、ちょうど良い例となりますので説明に使います。

エアクリーナ、つまりゴミをキャッチする物を正式にはエアクリーナエレメントと言います。

通称エレメントとも言いますが、このエレメントはエアクリーナボックスの中に入っています。

つまり、エレメントを点検するにはエアクリーナボックスのカバーを外さなければいけませんね。

上の写真を例に取ると、エアクリーナボックスには計4つのボルト(ねじ)で固定されています。

この4つのボルトを取り外す(エアクリーナボックスに引っ付いてくる場合もあり)とこうなります。

エアエレメント

薄い黄緑色のカーテンのようになっているものがエレメントです。

エレメントは手で簡単に取り外せますので、目視で汚れ具合を点検します。

表と裏で汚れ具合が全然違いますので、

「表だけをみてきれいだったからOKとしよう!」

何て事はしないでくださいね(汗)

エアクリーナは、非常に綿密な鼻毛だと考えてください。(下品ですね…。)

皆さんも空気が汚い所に長時間いると鼻が詰まってしまいますよね。

エアクリーナももちろん詰まってしまい、軽い呼吸困難となりますので定期的に交換する必要があります。

人間であれば鼻をかむだけですっきりするのですが、エアクリーナの場合はそうはいきません。

圧縮空気(強い空気)を吹き付ける事である程度の掃除はできるのですが、捕まえたゴミを離さないように作られているので、気休め程度にしかきれいになりません。

簡単にゴミを離してしまうと、インレットマニホールド(気管)内にゴミが入ることになりますので非常に危険ですよね。

車検時などに交換する事が多いですが、車検毎に交換する必要は普通ありません。

「エアクリーナが汚れていましたので交換しておきました」

と言われても、汚れを吸着する物ですから汚れていて当然です(笑)

問題なのは、汚れが多すぎて呼吸困難になっているかどうかです。

多少汚れていても、エンジンの性能には全然問題ありません。

もちろん新品に越した事はありませんが、頻繁に交換してもそれほど効果が期待できる物でもありませんので覚えておきましょう。

そういえば、人間は空気を吸うために横隔膜(オウカクマク)という筋肉?を使って呼吸していますが、エンジンは一体どうやって呼吸しているのでしょうか?

NEXT⇒ピストン

車の知識:エンジン基礎編トップへ

掲載記事はカーライフプロデューサーのテルさんよりご提供を頂いております。

もっと深く車の知識を知りたい方は、テルさんの無料メールマガジンをご購読下さい。当サイト右サイドバーより登録することができます。

テルさんのプロフィール

スペース

ガソリン価格高騰対策

■燃費(愛車)の悩み110番 燃費(愛車)の悩み110番 只今、接点を改善して燃費UPするマニュアルを無料配布中です。



燃費数値を見ながら運転して燃費を良くしましょう。
無料レポート
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!
今日からできる!ガソリン代を節約できるマニュアル!

画像をクリックしてフェイスブックの「いいね!」を押して頂ければ、燃費を良くする16ポイントのマニュアルが無料でダウンロードできます。

Google
車の知識に役立つメルマガ
チャレンジ25キャンペーン

My Yahoo!に追加
Copyright(C) 2006 Bridgecompany.Inc All Right Reserved
Powered by Movable Type 3.2-ja-2